前へ
次へ

虫歯を治療してもらいました

私は歯医者は子供のころに行って以来、20年間行ったことがありませんでした。
しかし、大人になってから、仕事上で食べ物を食べる機会が増え、歯磨きは朝晩のみという生活を続けていたところ、気が尽きた時には、歯に穴が開いていました。
久々の虫歯になったようでしたが、面倒くさいこともあり、そのまま放っていました。
そんなあるとき、これも仕事で、急いで走っているときに、出会いがしらで強い力で人とぶつかることがあり、前歯がぐらぐらになるという事件がありました。

歯を守る名古屋市緑区の歯医者です

光が丘から一人一人に適した治療を行う歯医者

佐野市で不安なく治療が始められる歯医者はこちら
治療に関する疑問や心配なことに関する説明を丁寧にしてくれるので、納得したうえで治療を始められます。

久喜で本当に頼りになる歯科クリニック

虫歯はともかく、前歯は何かと支障が出るであろうと感じたので、歯医者に行くことにしました。
レントゲンで歯の型から取ることとなり、その他の場所も点検してもらうことするとにしました。
すると、歯並びに問題があり、気になっていた場所の虫歯も発見されてしまいました。
実は治療されるのは抵抗があったので、できれば見つからずに前歯だけの治療にしようと思っていたのでした。
しかし、この状態を放っておくと、隣の歯まで影響が出て、2本とも抜かなければいけない状態になる可能性がある、ということでした。
さすがにそれは困るということで、次の週から虫歯の治療を始めることになりました。
また、全体的に歯に歯垢がこびりついており、日々の生活スタイルに問題があることが判りました。
そこで、治療と並行しながら、定期的に歯の維持ができているかをチェックされることになりました。
第一に勧められたのが、仕事で食べ物を食べた後の歯磨き習慣を身につけるということでした。
仕事で残業が続いたときには、朝から晩まで食べ物が口の中にたまった状態になることから、少なくても昼ご飯後に歯磨きを行うというものでした。
また、甘いものを食べた後には、歯磨きができないのであれば、口をゆすぐという方法も効果的であることを教えられました。
それであれば、忙しい時でもできる可能性が高く、そのときから現在も続く良い習慣になりました。

Page Top